令和から始めるFX未経験者のトレード生活

知識ゼロの素人が5年後10年後に大金を所持していることを夢見てFXを始めました。勉強の過程や利益と損失もすべて赤裸々に。

【2019 9/18】+212円

本日のトレード結果です。

f:id:chibiCat:20190919220744j:plain:w350

ポンド円で20pipsほどの利益となりました。

GOLDは指値を置いておくつもりが成行でエントリーしちゃいました。
幸い建値に戻ってきてくれたので決済。

ポンド円ですが、こんな感じのチャートでした。

f:id:chibiCat:20190919220737p:plain

水色ショート、茶色利確です。

エントリー根拠は4時間足10MA以外の移動平均線が下向きであること。
そして、下落途中の谷の価格と同じ位置にきて、陰線が出始めたのを確認して入ってみました。

利確は直近安値を目安に設定。
ぎりぎりで届かないのは嫌なので、少しだけ上で利確しました。

シナリオ通りに動いてくれてすごく安定したトレードでした。

毎回こんな感じだったら嬉しいんですけどね。

ちなみに今回のトレードの損切りは、下落する際の高値のあたりです。
なので目視ではリスクリワードは1:1ほどになります。

決して美味しいトレードとは言えませんが、勝率はそこそこある・・・はず。

もし勝率が5割を超えていないのなら同じパターンでの取引は控えた方が良い気がします。
少なくともリスクリワードが同じなのであれば。

今週はまだまだ負け越しているので、その分を取り返しつつ利益を出せたらと思います。

【2019 9/17】-272円

本日のトレード結果です。

f:id:chibiCat:20190918220809j:plain:w350

微損で終わりました。

うーん、12円の利益を出すのってこんなに難しかったっけ?と感じます。
今週初めての利益が必死で勝ち取った12円。

GOLDのエントリーしたチャートです。

f:id:chibiCat:20190918223218p:plain

戻り売りでダメだったパターン。

根拠は1時間足10MA15分足10MAが下向きだったため、下落後の戻りを拾って売りました。
エントリーは水色の場所です。

下落前に買っていた人は少しでも戻したら売りたいはず!
その時に発生するのはショートのポジションであるため、戻したら損切りのショートでまたすぐ下落するだろうと考えました。

確かに少しさがったのですが、うじうじして結局上へ。
損切りは1時間足10MAを実態抜けで切れる様に少し上目に置いていましたが自動で切られました。
そこまで大きな損切りでもなく、切った後は上昇していたので良しとします。

リスクリワード的には1:1の場面だったと思います。
損切りは1時間足10MA、利確は下落の安値。
スプレッドを考えると若干リスクの方が高かったかも、


ドル円はエントリー位置が悪かったです。

f:id:chibiCat:20190918231511p:plain

高値が売りの圧力によって抑えられていると感じ、ちょっと下げたところから売りで入ってみました。

直後、抑えられていたと思われた価格を超えて上昇してきたので、根拠としてはこの時点で損切りすべきだったのかもしれません。
しかし、高値こそ切り上げたもののやはり強い売りの勢力があるのか上ヒゲで終わってしまいます。

この時点でナンピンしておけば良かったのかもしれませんが、ビビって見守るだけにしておきました。
どこまで上昇するかわかりませんでしたからね。

結局この上昇を見たのがきっかけで、少しプラ転したところで利確しておきました。

利確が下手だったと言うよりは、エントリー位置が悪かったと思います。
エントリー前の高値付近でショートを入れておければもう少し安心して眺めていたはず。

ちなみにこのチャートでは結構上昇しているなと思っても、実はエントリー位置から15pipsほどしか上げていないんです。

ドル円は全く値動きがないですね。
FOMCを控えているからでしょうか。

とは言ってもポンド円などはかなり上昇しているので、ドル円はFOMCでの利下げが既に織り込まれているのでは?と感じています。

そう簡単には107円台に落ちそうにもないのでドル円はノーポジで傍観が良いかもしれないですね。
他の通貨ペアを触った方が読みやすいかもしれません。

【2019 9/16】-800円

本日のトレード結果です。

f:id:chibiCat:20190917221412j:plain:w350

全敗でした。

あれ?数回取引して1回も勝てなかった日なんてあったかな?と少し衝撃を受けましたが、ナンピンして負けたので全敗にも納得。

ちなみに-800円とキリが良いですが、狙ってやったわけではないです。

週明けで窓が開いた状態でスタートしましたね。
私は朝方は爆睡していたので、お昼前にちょっとチャートを見てエントリーしました。

f:id:chibiCat:20190918223152p:plain

エントリー位置は水色の箇所。
結構細かくナンピンしちゃいました。

明確な根拠はありません。

ナンピン2回もしておいて根拠なし?!と驚いてしまいますが。
108円が壁なような気がして売りで入りました。

窓が開いたら窓埋めを見越して、今回の場合はロングを持っておく方も多いような気がしています。

今回のチャートは何のヒントも見つけられなかったので、素直に見送るのがベストでした。

15分足で今回のチャートの流れを見てみます。

f:id:chibiCat:20190918223203p:plain

ざっくりですが、黄色マーカーを引いてみました。

一応は高値も安値も切り上げており、短期的な上昇トレンドになっている感じでしょうか。
その流れに逆らうわけではありませんがロングを入れちゃう自分。

そのまま茶色付近でロスカットされました。

そしてふと見てて気がづいたのですが、黄緑の部分は最高の逃げ場だったのでは?と。

何故逃げ場だと思うかについて。
まず、エントリー後に窓開け後の高値を更新しています。
その後、黄緑の部分で安値を完全に切り上げています。

明確な方向感は出ていないにしても、少なくとも売りの危険サインは出ていたのかもしれません。

この時点で気づいて決済しておけばかろうじて微益撤退でした。


ちなみに、この時色んな通貨ペアを見て回っていたのですが「ポンドが弱い?」と感じており、ポンド円の売りにも注目していました。
こっちの方が正解でしたね。
躊躇せずに乗り換えておけば良かったです。

何となくですが、ドル円が上げる=ポンド円やユーロ円も上げる、という頭がどこかにありました。

円シリーズが総じて上げたり下げたりしていることは珍しくはないですが、必ずしもそうなるわけではありません。
自分の目で見て感じ取った通貨ペアの強弱を、もっと柔軟に相場に織り込んで取引すべきでした。


反省点としては
・ロットが小さいからと言って無根拠なエントリーはしない
・通貨ペアの強弱を察知したら行動に移してみる

の2点ですね。

反省を活かしましょう。

【2019 9/12】+1,585円

本日のトレード結果です。

f:id:chibiCat:20190914194923j:plain:w350

毎日このくらいコンスタントに利益出したいです。

今回はGOLDのみの取引。

f:id:chibiCat:20190914203503p:plain

エントリーポイントは赤色マーク
根拠は1時間足10MAと少し見づらいですが4時間足10MA15分足75MAなどの上位足が上向きであること。
そして、15分足10MAも上向きになり、短期足と上位足の流れが重なったのを見て順張りのロングです。

0.01ロットと0.03ロットの分割エントリーをしてみました。

0.03ロットの方はマイナスになるのを恐れてチキン利確。
10pipsほどですね。

0.01ロットの方は一旦上げ止まって陰線が2連続した次の陽線の程よいところで利確しました。

やはりロットを張ると気持ち的にも焦りが生まれて早期利確になりかねないです。
分割の仕方があまり良くなかったかも。
0.02を2つにするか、何なら0.01を3つや4つでも良いのかもしれません。

分割エントリーのメリットは好きなタイミングでそれぞれ決済出来ることです。

少し様子が変かも?と思ったらいくつか決済したり。

8月下旬あたりから負けが続き、今現在は証拠金もクレジット合わせて16,000円ほど。
1,000円以上の損切りは避けたいです。
ですので、どうしてもロットは抑えてのエントリーとなってしまいます。
GOLDとポン円以外なら0.05ロットでも許容範囲。

大事なのは重々承知ですが、資金管理はしっかりしておかないと利益は出し続けられません。
証拠金1万や2万程度で1万通貨の取引きなんて、今考えればかなり怖いです。

そうは言っても、早く3万、5万と資金を増やしていきたいのも事実。
少ないロットで大きな利益を出すには、やはり回転率を上げるしかありません。

でもそれってどうなんでしょうか?

根拠が揃った優位性のある方向にポジションを少しロット張って持った方が勝率も利益も伸びるような気もします。

さすがにGOLDでは挑戦する勇気はありませんが。

資金管理リスクリワードをもっと意識してトレードしていこうと思います。

【2019 9/11】+601円

本日のトレード結果です。

f:id:chibiCat:20190914165035j:plain:w350

スタートからGOLDとポン円に捕まりましたが、結果的には利益となりました。

まずポン円から。

f:id:chibiCat:20190914185146p:plain

赤色がロングエントリー、水色がショートエントリーの位置です。

一番最初のロングは見事に天井を掴んでロスカットになりました。
上げてきた!と思って順張りで乗っかりましたが、流石に入るの遅すぎましたね。
ロスカットの判断は1時間足10MAを下に割り込んだからです。

その後は、反発を確認してロングとショートを散らしてエントリー。
含み益を持った状態で両建て状態にしてみて、含み益中の両建ては結構おもしろいかもと実感。
デメリットとしては含み益以上に利益が乗ることはありませんが。
一応両方のポジションをプラスで決済出来たので結果良しです。

両建てはは利食いのタイミングがシビアですね。
結果から言うとロングは決済してショートを持っておけば利益が伸びたチャートでしたが全く読めませんでした。

最後のロングもかなりぎりぎりで逃げられましたが、持ち続けていたら1回目のエントリー同様、損切りとなっていました。

レンジ気味だったので、高値安値に水平線引いて逆張りした方が楽だったなと後から見直して感じます。
今はレンジなのか?トレンドが出ているのか?そのあたりを見極めるスキルが欲しいですね。

続いてユーロドル。

ユーロがかなり弱い側だったので思い切って売りました。

f:id:chibiCat:20190914192217p:plain

水色ショート、利確は茶色

こうやって見てみるとまだまだ引っ張れたなあと思いますね。
チキン利確でした。
キリ番である1.10000までは待っても良かったかなと少し後悔はあります。

0.02ロットを2つ入れていますが、ユーロドルは比較的値動きは少ないので建値ストップで放置でも面白かったかもしれません。
とは言え、弱い通貨を売って利益を出せたのでナイストレードでした!

最後にGOLD。

f:id:chibiCat:20190914185203p:plain

利益を出せた方です。
このエントリー根拠は個人的にかなり良かったと思っています。

上位足の1時間足10MA4時間足10MAが上向き。
そして15分足10MAまで一旦戻した後、下ヒゲになった赤色のところでロングエントリーしました。

さらに、その少し前に一度上位足を下抜けしているものの、すぐに上に抜き返していることから下へは行きたくなさそうだと読み取れます。

焦って20pips程度で利確してしまいましたが、冷静に持っていれば40pipsは取れていましたね。
また、これだけしっかりした根拠もあったのでもう少しロットを張って良かったと思います。
この状況なら0.05ロット入れるか、分割で0.02ロットを2つ入れても面白かったですね。

その後のチャートです。

f:id:chibiCat:20190914185154p:plain

赤マークがエントリー位置です。
急騰はしていませんが利確タイミングは何回もありました。茶色のあたり3箇所。


とりあえずプラスで終われて良かったですが、利確を早まったものも多かったですね。
マイナススタートだったのであまり無理は出来ない場面だったのもチキン利確につながりました。
結果が全てなので、プラスで終われていることは素直に喜びましょう!