令和から始めるFX未経験者のトレード生活

知識ゼロの素人が5年後10年後に大金を所持していることを夢見てFXを始めました。勉強の過程や利益と損失もすべて赤裸々に。

FXの世界を知る

まずFXって具体的になんぞやということです。
やろうやろうとは言うものの、如何せん知識もありません。
初歩的なところからスタートです。

FXについて調べると、大体こんなことが書いてあります。

FXとは、「Foreign Exchange」の2つの単語から1文字ずつ取ってFX。
外国為替証拠金取引のことを指しているそうです。
FEではないんですね。

正直それだけではなんのこっちゃって感じです。

一言で言うと、FXは用意した証拠金を元手に各国の通貨の価値の差で利益を得ることが出来るのものです。


で、FXは株券のように実物で取引を行ったりするのではなく、すべてオンラインサービスで完結します。
つまり自宅でも出先でもインターネット環境があれば取引が可能です。

さらに、株の取引きは取引時間が決まっており、日本の場合は
平日9:00~11:30、12:30~15:00
のみしか取引は行えません。

それに対しFXは24時間取引可能です。
その理由は、為替の取引が24時間各国で行われているからです。

為替取引とは、通貨を交換することです。
例えば1ドルと100円を交換することが為替の取引になります。

日本人が寝ている時間も、どこかの国で為替の取引が行われているため24時間いつでもどこでも取引が可能となっています。
ただし厳密には、月曜日7:00~土曜日7:00の間であれば取引可能となっているようです。
その理由は、土日は銀行が閉まるからだそう。
サマータイムの場合は土曜日6:00までになるのだとか。
とにかく基本的に平日はいつでも取引できると思っていれば問題なさそうです。

つまり、休日がっつりFXに集中するということはできないのですね。
あ、ちなみに祝日は取引可能みたいです。
日本は休みでも他国は休みではないため。


そして気になる取引通貨。
FX業者によって結構取り扱っている通貨が違うようです。

通貨の取引は2つの通貨で行います。当たり前ですが。
その2つの通貨同士を通貨ペアと呼ぶそう。

本当にいろいろあるんですが、興味があるのは「ドル円(USD/JPY)」と「ユーロ円(EUR/JPY)」、「ポンド円(GBP/JPY」の3つ。
とりあえず一番馴染みのあるドル円をメインに勉強していく予定です。


あとはトレードスタイルも色々あるみたいです。

スキャルピングと呼ばれる数分や数十分など短時間で取引を行う方法。

デイトレードと呼ばれる1日の中で取引を行う方法。

スイングトレードと呼ばれる数日間かけて取引を行う方法。

長期トレードと呼ばれる数週間から数ヶ月かけて取引を行う方法。

私はスキャルピングとデイトレードの2つのスタイルで取引する気でいます。
結構せっかちなので。

どうやらサラリーマンでFXをやっている方は、仕事から帰ってきて夜の9時から12時ほどを目途に取引される方が多いみたいです。
そのため、必然的にスキャルピングやデイトレードのスタイルになりやすいのかもしれません。


パッと頭に入った情報をまとめました。
FXの入り口って感じがして楽しいです。