令和から始めるFX未経験者のトレード生活

知識ゼロの素人が5年後10年後に大金を所持していることを夢見てFXを始めました。勉強の過程や利益と損失もすべて赤裸々に。

【2019 7/12】+280円

本日のトレード結果です。

f:id:chibiCat:20190713210639j:plain:w350

一応プラスですが反省点あり。

1つ前の記事でも書きましたが、含み益を抱えてのロスカット位置変更の件です。
今回も同様にロスカットに引っかかっての利確となりました。

ただ、ロスカットされなければその後もっと利益が乗っていたはずでした。
非常に残念。
結果論なんですけど。

今月からはロット数控えめで取引しているので、280円程度の利益だと大体15pips取れたことになります。
利幅としては悪くはないかなと思いますがちょっと物足りないですね。
リスクリワード的にも15pipsだと厳しいです。

で、やっぱり気持ちとして今まで取引してきた結果の残高。
これの存在がかなり大きいです。

f:id:chibiCat:20190713212137j:plain:w350

今日のトレード後の数値なので、トレード前は-571ですね。
こんな数字見たら意識してしまいますよね〜・・・。

少しでも稼ぎたい!少しでもプラスに近づけたい!という欲がロスカットまで事を運びました。

含み益を抱えている中で損切り位置を変更するなら、せめて建値でロスカットされるようにしておくべきかな。
場合によりますが、相場は上下するので一旦含み益が出ていても建値付近まで戻すことはよくあります。
なので、感覚的には+20pipsくらい抱えていれば建値にロスカット置く。
それ以上はちょっと危険な気がします。


そして今回のエントリーなんですが、蓋を開けてみればかなり良い位置でエントリー出来ています。
109円台突入かと思えたドル円ですがあっけなく下落。
そのまま107円台へ下がってしまいました。
しかしすぐに跳ね返し108円代半ばまで戻します。

で、こういった動きの時はまた下がりそうな相場だと認識していて、問題はどこで売りを入れるか。
この「下がりそう」という根拠はエリオット波動から来ています。
第1波とか第2波とか、そういうやつですね。
これは学んでおいて絶対に損はないと思います。

さらに、その波の始まりを予測する方法としてフィボナッチが存在します。
23.6%とか61.8%とかですね。

エリオット波動の第1波(今回は108.9円あたりから107.8円まで下落した波)にフィボナッチを引きます。
そして引いたフィボナッチのラインを意識して売りを狙いました。

f:id:chibiCat:20190714140728p:plain

こんな感じですね。
少し上抜けしていますが61.8%のラインが効いているかと思います。

エントリーとしては108.58あたりで1回入っているのですが、フィボナッチの引き方を間違えていると思い込みすぐ利確。
職場でトレードするとこういう焦った行動が出ちゃったりしますね。
トレードは落ち着いてやるべきです。

で、やっぱり間違いではないと思い直して再エントリー。
エントリーの根拠は他にも、長期的に売り目線であること。
1時間足のRSIを見ても買われすぎであったことなどがあります。

ここまで根拠が揃っていれば、多少ロット張っても良かったかなと思います。
エリオットやフィボナッチを使うのが初めてだったので不安もありましたけど。

結果的にめでたく予想通りの動きとなりました。
損切り位置さえ変更しなければ・・・!もう遅いですけどね。

でも良い経験をしたと思います。
また次に活かしましょう!