令和から始めるFX未経験者のトレード生活

知識ゼロの素人が5年後10年後に大金を所持していることを夢見てFXを始めました。勉強の過程や利益と損失もすべて赤裸々に。

【2019 8/21〜8/23】-22,073円

本日のトレード結果です。

f:id:chibiCat:20190824175714j:plain:w350

いよいよきましたね!
いずれ大きく負けるとは思っていました。
トレードのやり方的にも、自分の性格的にも。

負ける心構えが出来ていなかったわけではないですが、やっぱりいざ負けてみると悔しいと言うか何と言うか。
もうFX辞めようかな?」というのも視野に入れるほどショックは受けました。

でも考えてみてください。
FXは初心者がそう簡単に勝ちまくれる世界ではないですよね。
もしみんなが勝てるなら、今頃みんな会社なんて辞めて家でFXしているはずです。

負けた醜態を晒すのは結構勇気がいりますが、なんで負けたのか、今後はどうするかを書いてみようと思います。

そして更に恥ずかしい話ですが、実はTwitterの方で今日はノートレとつぶやいた日の出来事。
言ったことを守っていれば無事で済んだのに。

何故大きく負けてしまったのか

1.負けをすぐに取り返そうとした
これは有名な話かもしれないですね。
人は負けをその場で取り返そうとする習性があるようです。
確かに誰だって負けて終わるなんて後味が悪いですし嫌ですよね。

私自身、もちろん今まで何度も損切りをして負けスタートの日もありました。
でも、今までその日のうちに負けを取り返してきたことも何度もあります。

じゃあ、今回も取り返せるよね?と思ったのが最後、大きく損失を出す結果となってしまいました。

必ずしも負けた後にトレードするのが悪いわけではなく、負け分を取り返すためにトレードすることが問題ですね。

気持ちに焦りが生まれ、根拠の無い無謀なエントリーをしてチャートから目が離せなくなり、さらに負けが負けを呼ぶ。
いつしか元々の残高に戻すことよりも、深追いして追加で負けた分を取り返すことが目標になっていたり。
何をやっているんだ自分って感じです。

難しいことですが、もし負けてしまったのならまずは気持ちを落ち着かせて冷静になることです。

また、早く負けを取り返したいという気持ちからチャートの動きを軽視してエントリーしてしまうのも大問題。
改めて気づいたのが「ちゃんとチャート見れてる?」ということ。
かなり大事です。トレードの基本。
これについては次で。


2.結局値ごろ感でトレードをしているのではないか
チャートはほぼ確実に乱高下を繰り返します。
つまり、上がれば下がり、下がれば上がる。
大きく上げて少し下げることもあれば、上げた分をすべて下げてしまうこともあります。

じゃあ逆に、一方的に上げ続けることはあるのか?
私は今までそういう相場は見たことがありません。

上がったら下がります。
その下げが5分後なのか1時後なのかはその時によりますが。

これを利用して、初心者にありがちな「結構上がったらそろそろ下がるだろう」という根拠でのトレード。

これこそが大きく負ける種を巻いていると私は思います。
このトレードは、上がった分の戻りの下げを狙ってショートを入れる、言わば逆張りのトレードになります。
私はほとんどこの手法で今まで利益を上げてきました。

そして今回も同じ手法で大損となったわけです。

何故上がったのかを知らないまま、単純にこんなに上がったから下がるだろうと思い込んでショートを入れました。

チャート見てみましょう。内心見たくないですが。

f:id:chibiCat:20190824164052j:plain

こんな状態です。
GOLDですが、大きく上げたという根拠でショートエントリーをしました。
100pipsとか平気で上げていますからね。

で、結局この上げはジャクソンホールで開催されている経済シンポジウムでパウエル議長の利下げの示唆なのか、それともトランプ大統領の中国関税の発言なのかのどちらか。
恐らく後者。

その結果、円絡みの通貨ペアは下落。円高へ動きました。
もちろんドル円も大きく下げ、その逆相関としてGOLDは大きく上昇。

結果として、この上昇は安易にショートで入る上昇ではなかったのです。
ここ数日は円絡みの通貨ペアの急騰があってもすぐに下落して戻していたので、その感覚のまま戻すだろうと勝手に想定しましたが。
むしろ飛び乗りでロングを持つべき展開でしたね。
さらに、ポンドドルやユーロドルは上昇していたので、これらの状況的にドルはかなり弱いと言えます。

円が最強でドルが最弱であれば、ドル円ショートがまさに適したポジションだったのです。
ドル円は昨日100pips以上下げてます。30分ほど下落が続いたので飛び乗りでも十分に乗っかれました。

こういった各通貨の強弱の判断が出来ていれば、いつまでもGOLDのショートを持ち続けてはいなかったと思います。

そういう判断をも狂わせるのが、負けをすぐに取り戻したいという焦りと不安の精神状態です。

逆張りのショートやロングは、もちろん大きく上げ下げして、節目のラインまで到達したからエントリーするのはアリだと思います。
でも何もないラインで「このぐらいから入れるかな?」と安易に入るのは根拠のあるトレードとは言えませんね。
ギャンブルそのものです。

そうは言っても、負けてる時ってそんなもんなんですよ。
私だって負ける前はそんなことをしても大きな負けにはならないと考えていました。


負けた要因を考えていたら、結構思いつくことがあったので別の記事で書いてみようと思います。
教訓の意味も含めて。

これからトレードはどうする?FXはどうする?

流石にショックを隠せず、人が変わったかのようにチャートを閉じて寝込みながら考えていました。

負けたとは言っても、今月で見ればまだ1万円ほどはプラスです。
今月は3万円ほど勝てていたので、爆益からふつうの利益へと変わった程度の傷です。
ゼロカットされて退場したわけでもないので、そんなに気を落とす必要もないかもしれないですが。

FXには1万円しか入金していないので、ここで出金して綺麗さっぱりFXを辞めればプラマイゼロで終われます。

でもそれで良いか?と聞かれると、私は素直に頷けません。

私が求めているのは、1万円が3万円になるとか5万円になるとかそういうものではないです。
1万円を100万円にし、1000万円、1億円と大金にするのが目標です。

そもそも、入金した1万円は捨てたと思っています。
FXはすぐに成果を挙げられるほど生ぬるいものではないことはわかっていたはず。
だったら虫の息だとしても立ち上がって挑戦し続けるしかないと思いました。

だって、繰り返しになりますが私が欲しいのは5万円や10万円ではないからです。
もし5万円欲しい程度なら、FXではなくてアルバイトして稼いだ方が確実です。

今月はもっと慎重になってトレードをしないといけませんね。
少なくとも、酒気帯びの状態とか負けを取り戻すトレードはNG!
エントリー根拠があって初めてエントリーすること。
逆行20pipsは損切りする。もしくは近場にある割ってはいけないラインをロウソク足実態が割り込んだら損切りする。
こういったことを徹底していかないと、勝ち負け以前に安定はしないと思います。

目先の利益に囚われてあまり考えませんでしたが、損失も毎回1,000円程度であれば良いと思います。
もちろん勝率は少し下がるかもしれません。
それでも、今回の様にいきなり-2万円の損失を出すよりは良い結果になると思います。

改めて勉強ですね。