令和から始めるFX未経験者のトレード生活

知識ゼロの素人が5年後10年後に大金を所持していることを夢見てFXを始めました。勉強の過程や利益と損失もすべて赤裸々に。

大きく負けてしまう原因について

今回はFXで大きく負けてしまう原因をまとめてみます。

自分なりに経験してきたことから考えました。
よくネットで目にするものばかりですが、いざ自分でボロ負けして初めて「あ、そういうだったのか。」と気がつきます。
やっぱり人間、一度や二度は痛い目を見ないと中々気づけません。

少し負けている程度では損切り出来ない

これは永遠の課題のような気もしますが、浅い傷で逃げることって意外と出来ないんですよね。

まず初心者がFXを学ぶにあたって、「損切りさえしっかりしておけば大丈夫!」などの文章を目にする機会があると思います。

確かにそうなのですが、単にエントリーポイントから近い位置で損切りばかりしていてはただの損切り貧乏になりかねません。
損切りをすることが悪いのではなく、毎回毎回損切りされるならばエントリーポイントを疑った方が良いでしょう。

ある程度相場を見ていると、少し逆行した程度では「すぐ戻すだろう」とか「もう少し逆行したらナンピンしよう」という感覚が身についてしまいます。
つまり、少しの逆行では負けていると認めないのです。

もちろん逆行しても戻すパターンはよくあります。
対して、戻さずにそのまま逆行し続けるパターンはそんなに多くはないかもしれません。

そのため、感覚的に戻すだろうと思って放っておいても意外と結果的に勝てたりします。

ここが問題で、基本的に戻ってくるけどたまに逆行し続けると言うことは、たまに大負けしてしまうんですね。

大負けを無くすには、ある程度逆行したところで見切りをつけて損切りすることが不可欠かと思います。
戻ってくると信じて待つのは良いですが、数時間、数日待った結果大損するならスパッと切って新しいエントリーポイントを見つけた方が時間効率も良いです。

エントリーや利確がとにかく待てない

隙あらばエントリーしたい、少しでも利が乗ってくれば利確、とタイミングを待てない焦った取引は損を招きます。

とくに前者はリスクが高すぎます。
ポジポジ病と言われていますが、何となく勝てそうという感覚的なエントリーをしていてはいつか大損するでしょう。

1つ前の見出しと共通する部分もありますが、エントリー位置が悪いと10pipsや20pipsの逆行は日常茶飯事かと思います。
相場は乱高下するので戻ってくるケースも多く存在します。
ですが20pipsの逆行が当たり前になると、いざ30pips、40pips逆行しても恐らく損切り出来ずにいるはずです。
何故なら10pipsや20pipsの逆行から戻す経験が頭にインプットされており、40pipsも戻せるのではないかと感じてしまうからです。
もしくは-20pipsまで戻ってきたら損切りしようとか。

ずばり、飛び乗りでエントリーしたくなるタイミングは大きく値動きした時かと思います。
値動きが激しければ、ポジションを持ってすぐに利益が出る気がしちゃいますよね。
でもそういう時に限ってエントリーした瞬間に逆行したり。
順張りで乗っかるか逆張りで見切り発車するかは場合によりますが、直近の高値安値、抵抗となりそうなラインなどを加味せずにエントリーしてしまいがちです。


また、後者は有名な話ですね。
本来あるべき姿なのは損小利大、つまり損失は小さく抑えて利益は多く得ることです。
頭では分かっていても、実際に取引をするとそう簡単にはいきません。

利益を引っ張った挙句、逆行に転じて結局損切りになるのは避けたいですもんね。
含み損から建値撤退は良いですが、含み益から建値撤退は気持ち的に損した気分。

利確は本当に難しい。
欲を出せば痛い目を見たりしますが、腹八分ではもっと取れたと後悔してしまう。
でもここは、腹八分で利確するのがベストかと思います。

結局、何pips取れた取れてないは結果論です。
今決済した取引の内容が全ての結果ですので、もう少し引っ張れたとかは考えない方が吉。

結局何が言いたいかと言うと、損切りも利確もリスクリワードを考えてエントリーすればそこまで難しくないかも?ということ。

エントリー根拠があれば根拠が破綻した時点で損切り。
利確位置は直近高値安値だったり移動平均線だったり。
つまり、無闇にエントリーしない限りはそこまで長くポジションを持つことがないのかなと思います。
良い位置でポジションを持って短期的にトレードを終わらせれば大損する機会も減るかなと。

レンジでの安易なエントリー

レンジは見て過ごすことを推奨する方は少なくありません。
理由は値動きが読みづらく難易度が高いからかと思います。

レンジの場合は高値と安値を絶えず意識し、高値で売りを入れ安値で買いを入れておけば私は問題ないと思っています。

ただしレジスタンスとサポートの過信は禁物です。

レジサポは基本的には抵抗帯となりますが、ヒゲで割り込むこともあればロウソク足実態で割り込むこともあります。
そして、いつまでもレンジが続くことはないので、どこかのタイミングで必ずレジサポを完全に割ることになります。
それを把握せずにいつまでもレンジの気持ちでいると、気づいた時にはトレンドになっていて大損になっていたり。

資金管理とロット

大損やゼロカットされて退場する方の多くは、証拠金に対して大きすぎるロットで勝負しているみたいです。
聞いて回ったわけではなく、Twitterなどで見た感じの見解ですが。

実際に私もFXを初めて早々に1万円以上の損失を出していますが、その時は確かにロットを張りすぎていたのも原因の1つでした。

ロットが大きすぎると、少しの逆行にも耐えられず強制的にロスカットされる可能性が高まります。
それをもし避けるのであれば、少しでも資金が残っているうちに自分で損切りするしかないのです。

でも、ロットを大きくすると夢が広がりますよね。
私はXMの口座を使っているので1ロットが10万通貨のため、証拠金1万円や2万円では1ロット単位のエントリーは流石にリスクが高すぎますが。
10万通貨でポジションを持てば、10pipsの利益で1万円になるんですよ。
10pipsくらいだったら運良く取れそうだ!と思ってしまいますよね。
私はその口で負けてしまいましたけど。

また、例えば1回目の5000通貨のエントリーで2,000円負けたとします。
もし5000通貨で損失分をプラスに変えるには少なくとも40pips取らなければならないと考えると、1万通貨では20pipsで済むことに気がつくはずです。
そう考えると、無性にロットを上げたくなってしまいませんか?

しかし、もし1万通貨でも20pips負けた場合は合計で4,000円の負けになってしまいます。
その次は4万通貨で10pips取ろう!とロットを次第に上げていき、負け続けた場合は大きな損失だけが残ってしまいます。

ロットを上げるのは負けた時ではなく、証拠金に応じて上げるのが正しいと思います。

値頃感でトレードしている

私は未だにこれが抜けないですね。
上がったら売る、下がったら買うの逆張りトレード主体です。
直近の高値と安値にラインを引いたりはしていますが、それだけを基準にしていては値頃感トレードですよね。

いやらしいのが、逆張りトレードしているので例え思い通りにならなくてもナンピンして反転を期待し続けてしまったり。
そうなると自分の意思で損切りすることが難しくなります。

負けを取り戻そうとする

最後に一番大事なこと。

誰しも負けで終わるのは気持ち的に納得出来ないと思います。
そのため、その日の負けはその日のうちに取り返そうとしてしまいがち。
もちろん根拠のあるトレードで取り返せれば良いですが、焦ってエントリーして結局損失になったら元も子もありません。

でも負けている時って無茶なエントリーをしてしまうんですよね。

何故かわかりませんが、負けた後にエントリーすれば勝てると勘違いしてしまいます。

私の場合、負けたのでロット少し増してエントリーとかよくやっていました。
それでも取り返せることがほとんどだったのであまり気にしていませんでしたが、もし負けが続けばあっという間に大損になってしまいます。
リスクは常に考えてエントリーすべきですね。


今思いつく限りの原因を書いてみました。
他にもあれば随時更新していきます。