令和から始めるFX未経験者のトレード生活

知識ゼロの素人が5年後10年後に大金を所持していることを夢見てFXを始めました。勉強の過程や利益と損失もすべて赤裸々に。

【2019 9/4】-1,383円

本日のトレード結果です。

f:id:chibiCat:20190905233529j:plain:w350

GOLDです。
大体負け。

全体的に円安傾向と目線を予想しているため、逆相関であるGOLDは一度下げそうだと考えています。
そのためエントリーはショートの方が勝率は上がるのかなと思ってエントリーしました。

f:id:chibiCat:20190905235214j:plain

位置でショートを打ちました。
1時間足10MA5分足75MAも下向きなので順張りのショートのつもりです。
15分足10MAタッチでエントリー。

下に見えている4時間足10MAが上向きなのは後から見て気になりました。

しかし順張りと言えど底を摑まされては意味がないです。

少し縮小したチャート。

f:id:chibiCat:20190905235223j:plain

位置が同じエントリー位置です。

見事に底でショート打ってしまいましたね。
損切りは-50pipsの位置。
これは一番上の移動平均線あたりを最後の砦と考えて設定したと思います。
15分足75MAですね。

ここまで逆向きの移動平均線を超えてきたことを考えると、相当強い買いの力があったのだと思います。
であればドテンしてロングも十分アリな選択肢だったかもしれません。

実際、かなり天井かと思われた1552でショート打って直近の高値である1553を更新し損切りされました。
抵抗帯となりそうな重要な移動平均線を抜けたらドテンも考えないといけませんね。
いつまでも同じ目線で見ていては相場に置いて行かれます。


順張りはこういう底を掴んだり天井を掴む可能性があるのが好かない理由の1つでした。
それと感覚的なことを言えば、上がっているものを買ってさらに上がり続ける確率より、上がったら下がる可能性の方が高いのでは?という思いもあります。

ただし、結果的に言えば両方ともそんなことはないと感じました。

むしろ天井や底を掴んでも、逆張りよりは恐らく損切りしやすいと気がします。
もう戻って来なさそうだというのがわかりやすいので。

また、上がっているものがさらに上がるパターンも損切り含めて何度も見てきたので、上がったから下がるというのはかなり浅はかな考えだと思い知らされました。
もちろんどこかで下がりはしますが、そう簡単に下がらないものもたくさんあるんだなと。