令和から始めるFX未経験者のトレード生活

知識ゼロの素人が5年後10年後に大金を所持していることを夢見てFXを始めました。勉強の過程や利益と損失もすべて赤裸々に。

【2019 9/19】-1,116円

本日のトレード結果です。

f:id:chibiCat:20190921114438j:plain:w350

1日の負けの許容範囲を少し超えました。
損失は1,000円には抑えたいところ。

初めにちょっと反省点。

利確渋りすぎ問題

過去に50pips以上の利益を何回か出しているので、10pipsや20pipsではどうしても利確を渋る癖があります。

もちろん利益を伸ばそうとするのは悪いことありませんが、タイミングの見極めは重要ですね。
20pipsで利確しなきゃいけない時もありますし50pipsまで粘れる時もある。

また、ロットが小さいのも利確を渋る原因になっている気がします。

0.01ロットでは10pipsで約100円の利益。
100円や200円で利確するのも良いですが、500円が1つのボーダーな様な気がて目指したくなっちゃいます。私は。

もはやこのあたりは気持ちの問題なのでルールを決めなきゃどうにもならないと思っています。

資金管理的な観点では、今現在の1万円を少し超える程度の証拠金では恐らく0.03ロットでは少し張りすぎな気がします。

以前の私なら0.1ロットで取引したりしていましたが、正直なところ精神的にかなり負担。
チャートから目が離せないですし、少しでも利益になればチキン利確しがちになります。

逆に今こうやって0.01ロットで取引することで、チキン利確ではなくて利確を渋ることさえ出来る状態。

海外のFX業者を選択することでレバレッジの限界はかなり広がりますが、同時に背負うリスクも高まります。
とは言っても、悪いことだけではないです。
レバレッジの上限が高いので証拠金維持率は高く保たれやすいですし、高レバレッジで取引した利益は膨大になります。

ただ、やはり気になるのはスプレッドですよね。

どうせ0.01や0.02ロットで取引するなら、1万円の証拠金があれば国内のFX業者でも取引出来ます。
ちなみにここで言う0.01ロットは1,000通貨。

ですので気になっているのは国内のFX業者に切り替えようかなというところ。

FXを始めた当初の目論見では、海外業者で資金を数倍にしてから国内業者に乗り換える予定でした。

今でもその計画ですが、当分は難しそう。
原資3倍になった!なんて騒いでいたのが懐かしいです。


話が逸れましたがトレードの内容へ。

ドル円ですが、やはりFOMCでの利下げは既に相場に織り込まれていた様です。
下がるどころか急騰したドル円。
しかし東京時間に上げた分を簡単に戻しました。

108円台で定着するのか、それとも107円台に戻ってしまうのか、瀬戸際を行き来する形となりました。

私としては「売ってみてもおもしろいかな?」と言った印象。

108.3〜5円あたりに強い売りの勢力がいそうなので。
チャートもその付近で毎回下に跳ね返されています。

108円ジャストの指値で売ってみますが、あまり動きが活発ではありません。

まだ方向感が出ず、どちらにも行きたくなさそうな相場。
ショートで入る位置として108円はそんなに優勢とは言えないと判断し、1回建値で逃げます。

もう少し上の108.2円付近にショートの指値を置いて放置しましたが、今の所は引っかかっていませんね。
深追いすると捕まりそうなのでしばらく様子見です。


続いてGOLD。

初回のロングエントリーは結構良い位置で入れていました。後から気づくことになりますが。

f:id:chibiCat:20190922161106p:plain

左側の赤色が最初のロング。

すぐに10pipsほど利益が乗りますが、その次の足でほぼ全て戻されてしまいます。
「あれ?これやっぱり下がるやつ?」と不安を感じ茶色で建値決済。
しかしその後すぐに陽線が出始め、ぐんぐん上げていきます。

「じゃあやっぱりロングじゃない?」

再び赤色でロングでエントリーしますが、蓋を開けてみればそこはもう天井。
次の足も、そのまた次の足でもエントリー位置を超えることは出来ません。

少し時間が経過したチャート。

f:id:chibiCat:20190922161114p:plain

赤色ロングは持ったままです。

上げるか下げるかはまだわかりませんが、一応4時間足10MAがサポートになっていそう。
ナンピン買いも視野に入れますが自信が持てずにそのまま保有。

f:id:chibiCat:20190922161121p:plain

しかしこの通り下に振れる結果となりました。

4時間足10MA、そして1時間足10MAのロウソク足実態は損切りですね。

その下に15分足75MAが上向きで見えているので上昇に転じる可能性はまだ考えられますが、いつまでも同じ目線を固定するのは得策とは言えません。
何度も「そろそろ上がる!上がるはず!」と期待を込めて損失を出してきたので、変な意地は張らずスパッと損切りしちゃいます。

初回のエントリーは良かったですが、2回目の順張りロングで天井を掴んじゃったのはダメでしたね。
焦らずポジションの決済タイミングを待てなかったのが良くないところでした。


そしてポン円。

気づけば135円台まで簡単に戻しちゃいましたね。
ポンド強すぎます。

128円台の時にロングしておけば今頃・・・!
でもあの時はあの時で買う勇気なんてありませんでしたが。

f:id:chibiCat:20190922161050p:plain

エントリー根拠はすぐ上に4時間足10MAがあり、レジスタンスになっている雰囲気。
さらに、135円のキリ番も上に控えていて、何となく135は壁になるかな?と思ってショートで入ってみました。
また、この位置から落ちてくれれば綺麗なダブルトップになるのでそういう期待も込めて。

損切りは135.1、利確目標は134円台半ば。

リスクリワード的には悪くはないですが良いとも言えない。
エントリー根拠から考えると、リスクの方に軍配が上がりそう。

すぐには動きそうになかったので、エントリー後そのまま放置して寝ちゃいました。

朝起きて見事に損切りされていたわけですが。

f:id:chibiCat:20190922161058p:plain

最強のポンドを超短期ならともかく、迂闊にショートで放置は良くなかったかもしれないです。
落ちる時は落ちると思いますが根拠が揃っていないと売りは怖かったかもしれませんね。

負けてばかりで嫌な感じです。